FC2ブログ

Monster_821_Stripe 車検完了


車検完了のお知らせをもらったので、日曜日に家族で
車でモンスターを取りに行ったんだ。
事前に車検代は振り込み済み。
138,000円ほど。心配なのでハッテリーを交換し、また
オイル等の交換をして、さらに乗りやすくなっていますとの
ことだった。

まあバッテリーがあがったことはないけれど、3年間で
1,500kmしか走ってないから仕方ない。
下手すれば妻の車のCX-5より金が掛かったけど、
外車ってバイクもやはり工賃や部品代が高いんかな。

プラス・ワンっていう岡山のドカの代理店さんは
社長さんをはじめ、皆さん愛想がよくて、
社長の奥様も僕の妻に気を遣って話掛けてくれたり、
まあとてもフレンドリーな方たちだ。
ドゥカティを愛する人たちはみんなドカファミリーっていうのを
地で体現してる方々です。

さてお店からバイクに乗って自宅まで90kmの道程を帰らなくては
いけない。
もう晩秋というか、初冬なので日の暮れる時間も早くて
一気に気温も下がるので、できるだけ早く帰りたいところだ。

モンスターのエンジンはすぐに暑くなって、こんな初冬でも
ちょっと渋滞すると、100℃を超え、モァ~と熱気が上がってくる。
寒いときにはちょっとはいい感じ。でもすぐに熱すぎることに
なるが・・。

運転は行きよりはまだマシ。
少しは慣れたかな、ドゥカの社長さんがバイクは乗れば
乗るほど近づいてきてくれるとおっしゃってたけど、
まさしくその通りかもしれない。
それは若いころ、自在に乗りこなして、すり抜けもバンバンやってた
FZR400を今運転してみたら、怖くてたまらないのと一緒。
まあ慣れの問題なのだ。

なんとか自宅に到着して一安心。
天気は良かったけれど、やはり初冬の風は冷たく、
手が凍えてしまった。
ヒートテックのパッチを履いていたけど、下半身も寒かった。

これは春までバイクは冬眠かな。
またまた縁遠くなって乗らなくなるかな。
妻は売ってしまえばと言うけれど、乗れば乗ったで
楽しいバイク。まさしく鶏肋、鶏肋。
スポンサーサイト

スカイラインRSの思い出


若いころ、スカイラインRSに乗っていた。
FJ20という名エンジンを搭載した西部警察で
有名になった赤黒ペイントの車だ。

SKYLINERS

勤務先の先輩が車好きで、当時新発売したR32を
新車で買って、僕に見せてくれて、うらやましいなぁと
思っていたら、知り合いのニッサンの店長を紹介してくれて、
中古で程度の良いRSがあるっていうんで、見せてもらうことに
したら、その車両を夜に勤務先まで乗ってきてくれた。
夜のライトに輝く、黒と赤の美しいコンストラクション、
ドアの下側に金色で書かれたSKYLINE-RSの文字。
もう一目ぼれでした。

いくらだったのか、覚えていないが、当時120万ぐらい
払ったように思う。
なんとか金を工面して手に入れた。

それから、こいつで都内を走り回り、正月には東京-岡山
800kmを一人で走破して帰省していたもんだった。
よく回るエンジンで時効だから言うけど、リミッター限界まで
スピードが出る車だった。
ガソリンはみるみる減っていったけど・・。
会社の同僚を乗せて、伊豆へいってみたり軽井沢へ
行ってみたり、通勤に使って吉祥寺-新宿 井之頭通り経由、
10km程度の道のりを1時間半掛けても勤務先の住友三角ビルに
到着せず遅刻したり、住友ビルの回りに路駐してて駐禁に捕まって
移動させられたのを気づかず、仕事終わって、路面に書かれた
消えそうなチョークを読み取って、移動先の駐車場を探し回って
受け取りに行ったり、湾岸線を走らせに行って、大黒ふ頭へ
行ってみたり、まあ、よくこの車にお世話になって遊んだんです。
荒い運転もしたけれど、幸い事故をしたことは一度もなかった。

とてもいい車だったけど、時代が動くにつれ、どんどん
魅力的な車が発売された。
例えば、はっきり覚えているのは4代目Z32型フェアレディZ。
3.0Lツインターボエンジン、当時国内最強馬力300PS。
友達の夜にニッサンの展示場に見に行ったことを覚えている。
当然、手は出なかっけど。

さて、その後、私の環境も変化して、実家を継ぐことになった。
東京に未練タラタラで仕方なく仕事を辞め、実家を継ぐ私を
親父が可哀想に思ったんだろう、当時発売された3代目ソアラを
買ってくれる段取りになった。
その結果、RSを運転して実家に帰り、そのまま下取りに出して
さよならだったが、ソアラ以降の車はそうでもないけど、
不思議とRSのことはいまでも忘れないで、頭のスミに残っていた。

先日、ふとネットでRSを見かけた。
いまでもRSの愛好者が結構いらっしゃるみたい。
試しに中古車検索をしてみると、タマ数は少ないものの
まだ手に入れるチャンスはあるようだった。
ただし、値段は異様に高い。200万から400万の間ぐらいする。
もう部品も入らない中古車を買うリスクを考えると、
さすがに大金はかけられない。
そのうち200万で程度のまあまあ良いRS-Turboが出てきた。
なんか縁を感じてお店と何度かやり取りしてみたが、
元の持ち主は孫を乗せてやりたくて、泣く泣くワンボックスに
乗り換えたらしい。

もう一回、手に入れるチャンスが訪れた俺、
友達に相談したり、妻に相談したり。
ただ僕の場合、しばしば手に入れたら飽きることが多いので、
みんながそこを懸念した。
言われてみればその通りだし、部品の供給とレストアに掛る経費を
考えてみて、今回は断念した。
RSはいい車であった、その綺麗な思い出をずっと抱いて
現実に引き戻さないことがいいんだろう。

ASUS E203N windowsの更新に悩む


さて、昨日、sena10cのファームウェア更新において、
ほとんど使っていないノートPCでやってみたら出来たという
記事をアップしたわけだが、そのノートPCこそ、
「ASUS E203N」なわけです。

ASUS VivoBook E203NA

CPU : インテル® Celeron® N3350
OS : Windows 10 Home
表示機能 : 11.6インチ LEDバックライト (1366x768)
ストレージ機能 : eMMC: 32GB / 64GB
WebCam : 30 万画素Webカメラ
ネットワーク機能 : 無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth : Bluetooth 4.1
インターフェース :
USB 3.0×2
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
HDMI出力×1
USB 3.1 (Type-C) x 1
サイズ : 幅286 mm×奥行き193 mm×高さ16.9 mm
質量 : 980 g

まあいわゆるコンパクトノートPCです。
ストレージが32GBしかないのが難点。
外部ストレージ必須ですが、まあネットをしたり、ちょっと出張先で
書類を作る程度なら、まあ問題ないって感じのノートPCです。

さて、sena10cのファームウェアのUPDATEが出来たところで、
このノートPCのwindows10もUPDATEしてやろうと、
プログラムの更新を始めてみたのが悪夢の始まり。
インストールを始めて暫く経つと、ストレージの容量不足8GBの
空きを作れみたいな文字が出た。
いらないソフトを削除したりしてみたけど、上手くいかなかったのか、
再起動したとき、

「場所が利用できません」というウインドウが表示されて、
黒い画面にゴミ箱だけ表示されている。
デスクトップ機能が使えず、何の反応もしない。
仕方ないので、Ctrl+Alt+Deleteでシャットダウンしたら、
今度は電源入らない・・。

デスクトップパソコンならMBでCMOSクリアとかできるけど、
ノートパソコンは出来ないし、まあバラして蓄電池池外して
MBの電気の供給を一旦遮断してみようと思い、バラしに突入。
裏ブタのネジを10本ほど外し、裏ブタをエイヤと外してみた。
あれ、電池ないんですが・・。
とりあえず部品を外してバラしてみる。
そのうち、小さなMBに電源を供給しているコードと受け口部分が
わかったので、そこを外して電気を遮断しまた装着してみたら、
電源は入るようになった。

その後、BIOSからのセーフモード起動を試みるがうまくいかず。
どーしたもんかなと途方に暮れかかっていたが、そうか、
OSを入れなおせばいいじゃんと思い立ち、外付けのDVDドライブを
USBに差したら認識してくれたので、OSの再インストール開始。
これがうまくいって、なんとか元に戻ってくれた。

内部ストレージの容量があまりに少ないものだから、OSのUPDATEすら
こうした問題が発生する。
とにかくOS以外のソフトは外付けのHDDとか、microSDカードを
差し込んでそこに落とすとか、今後は気を付けなくてはいけない。

ちょっと使うにはいいノートPCなんだけどなぁ。
まあsena10cのファームウェアの更新がこのノートPC以外では
上手くいかない現状では、このままあまりいじらずに、
保持しておきます。

sena10c ファームウェア更新に悩む


バイクに乗るとき、いつもsena10cを装着する。
sena10cは通話機能の他、ラジオが聞けて、
Bluetooth接続でスマホに接続し音楽が聴けて電話も
受信できて、カメラ機能も搭載されている。
まさにこれ一台でほぼ事足りてしまう。
まさしく、
「Sena 10Cは、史上初のBluetoothインカムとカメラが
融合した、多機能インターコムです。」
という宣伝文句の通りなのです。
僕はいつもスマホに接続してラジオや音楽を聴きながら
快適なながらツーリングをしているわけです。

さて先日、久しぶりにsenaのホームページをのぞいてみると、
ファームウェアの新しいVer.が公開されていた。
買ってから当分ファームウェアの更新をしていなかったので、
Ver.がかなり上がっている。
これは早速更新しようということで、
「SenaBluetoothDeviceManager」なるソフトをダウンロードして
インスコし、ソフトを起動。
ソフトを起動してsena10cをUSBで接続して本体を認識させてから、
ファームウェアのダウンロード、そしてソフトの更新という流れに
なる。

さて、ここで問題発生。
ソフトがsena10c本体を認識してくれないのだ。
いくらやってもデバイスを認識しませんとなって、
それ以上進まない。

会社のPC、自宅のPCともダメ。

サポートにメールしてみると、
以下のような回答が返ってきた。

*********************************************

お問い合わせの点ですが、以下をお試しください。

1)10CにSDカードを入れてフォーマットしてください。

10Cのフォーマット方法
1.10Cの電源を入れてください。
2. カメラボタンを一度タップしてください。数秒後カメラ機能が起動します。
3. カメラボタンを8秒間押し続けてください。(カメラ設定という音声案内)
4.ジョグダイヤルを回し、「SDカードの初期化」というメニューを選択してください。
5. フォンボタンを押してフォーマットを行ってください。

2)工場初期化する
1.電源を入れます。
2.フォンボタンを12秒間押して下さい。音声案内:工場初期化と聞こえます。
3.ジョグダイヤルを5秒以内に押します。
初期化完了、さようならという音声案内が聞こえ電源が切れます。

3)コンピューター上のウィルス管理ソフトがマネージャーソフトをブロックしている可能性がございます。マネージャーソフトにかかっているセキュリティがオフになっているか、ご確認ください。
USBケーブルは、USBハブなどにつながずに、そのまま直接PCにおつなぎください。
(認識しない場合PCの違うUSBポートで試してみる)

その後マネージャーソフトを起動します。
1. マネージャーソフトを起動、10Cを認識させる。
2. ファームウェア更新画面にて、右側のダウンロードボタンを押す。
3. ファームウェアを上書き保存してから、下の「更新」ボタンを押し、アップデート開始

4)SDカードは32GB以下クラス10のものを挿入しているか確認してください。
SDカードの不具合が疑われる場合は他のSDカードでもお試しください

5)PCにUSBで接続されているものを全て外してください。

6)PCにBluetoothでペアリングされているものを全て解除してください。

7)ソフトリセット:
電源を入れた状態で30Kメインユニット背面にあるソフトリセット用の穴をピンセットなどで2秒ほど押すとリセットできます。その後ファームウェアの更新をすると成功することがあります。

どうぞよろしくお願いします。

*********************************************

という返事を頂いたので、microSDカードは一応、新しい32GBの
信頼できるメーカー製を買いなおし、全てを実行してみた。
会社PCと自宅PC、両方試してみたが、結果、ダメ・・・。

ネットを調べると、私と同じ症状で本体不具合ということで、
メーカー交換になった方もいた。

再度メールして本体不具合の可能性があるので、
交換してもらえるかとメールしてみたら、保証期間を過ぎているので
無理との返事。まあ当然か、買って3年になるし・・・。

さらにネットを調べると本体とUSBケーブルの差込口に
接点復活材を吹き付け、内部の掃除もしたら認識したという方が
いたので、僕もやってみた。が本体のネジが小さすぎて
マイクロドライバー0075をもってしても無理だったので、
接点復活材だけ吹き付けてみた。

再び会社PCに接続してやってみたが状況変わらず。
もう諦めようと思ったけど、ふと、ほとんど使っていない
Asus製の「VivoBook E203N」を使って試しみた。

なんと、スルスルと本体認識、無事ファームウェア更新完了。

ん~~~~、なぜだろう、、、、わからん。。。

もしファームウェア更新とかで、sena製品をソフトが認識しない場合、
使っていないノートパソコンを用意して、初期化して
やってみたらうまくいく可能性があります。
たぶん、いつも使っているPCでやってみて認識しない場合、
何かが邪魔してます、それがソフトなのか、ドライバーなのか、
接続しているなんらかの機器なのか、何かを突き止めることは
できないんですが・・

すっきりしない結末ですが、まあ上手くいったので
良しとします。

ドゥカティ・モンスター821Stripe 車検


3年前、モンスター821Stripeを衝動的に購入。
購入してから大型免許取得に走るという暴挙に出た私。
無事免許も取得し、モンスターとの日々を過ごすと思いきや・・

あれから3年、走行距離はたったの1,500km。
そして迎えた車検。
本格的に慣らしも終えてないような状況でドゥカティ代理店の
プラスワンさんへ出すのも失礼のような感じだが、
車検なので仕方ない。

車検に出すにしても乗っていかなければならない。
ざっとお店まで自宅から90kmのプチツーリング程度の距離はある。
ぶっつけ本番も怖いし、一日前にちょっと乗ってみようと思い立ち、
装備を身に着け、ガレージに降りて久しぶりに恐る恐るエンジンを
掛けてみた・・。
バッテリーがあがっているのではないかとそこがまず心配だったが、
セルは勢いよく回ってくれたので一安心。
4-5回、キュルキュルいわせて、やっとエンジンに火が入った。
久しぶりなので、跨って垂直にバイクを立てたまま、
10分程度は暖気・リハビリアイドリング。

ヘルメットに装着したsena10cをスマホに接続し、
FMを聞きながら走ることにした。

走り出すと、正直、全然乗ってなかったので久しぶりのバイクは怖い。
が、走るとだんだん慣れてきた。
といってもガンガン攻めるとかは無理だけど。
ブレーキングして、車体倒して、グッとトルクを掛けてコーナリング、
うまく旋回できれば気持ちがいい。
パワーがあるのですぐにスピードが出てしまう。
怖い怖い・・。
その日、50kmほど走って、久しぶりのリハビリ・ライディング終了。

次の日、木曜日。天気が良かったので車検に出すことにした。
妻に車でついてきてもらうことにして、プラス・ワンさんへ出発。
まあまあ順調に運転できたが、しかしやっぱり怖い気持ちもある。
まだまだモンスター821とは距離があるね。
乗ってあげない俺が悪いんだけど。

いつも賀陽から空港線で岡山市内へ入っていくんだけど、
桃の里ゴルフ場近くの田益トンネル手前でネズミ捕り!
幸い、のんびり走ってたので捕まらなくてホッとした。

その後、渋滞気味の岡山市内を抜け30号線をひたすら走って、
やっとプラス・ワンさんへ到着。

が、・・あれ、お店閉まってる・・。
定休日は水曜日のはずなのに・・。
お店に電話かけてみたけど繋がらず。
妻がHPを確認してみると、第2木曜日も定休日Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

その後、お店の方と連絡取れて、なんとかバイクは預かってもらった。
思い出せば、前も新車で買って、最初の点検でバイク持ってきた時も
第二木曜日の定休日で、たまたまお店の方がお店に来られたから
助かったんだった。
二回も同じチョンボして、二回もお店の方に迷惑掛けて、
どうもすみません・・・・

さて、ドゥカティを車検に預けて、もう一台所有のFZR400、
30年の時を経てレストアして復活したバイクもあるんだけど、
それにも乗ってやらんとという気になって、久々に走ってみた。
こちらもバッテリーはあがっておらず、エンジンが掛ったので一安心。
30kmほど走ってみたが、ドゥカティと違ってステップの位置は斜め後ろに
高い位置(必然的にかなりの前傾姿勢になる。)にあり、
ハンドルも遠い。
ドゥカティとの大きな違いはエンジンブレーキがかなり効くとこ。
FZR400のライディングでドゥカティに乗ると、エンブレの効きの
違いで、ドゥカティはしっかりとブレーキを掛けないと、
かなりコーナーが怖いことになる。

まあしばらく乗ってたら慣れてきた。
というか、そもそも都心でこいつをぶっ飛ばして、バシバシと
すり抜けもやってたもんだから、体がこいつの乗り方を覚えてる。
ドゥカティが乗ってて怖いのも、FZRとの乗り方がちょっと違うからかな。
しばらく気持ちの良いライディングを楽しんで終了。

乗れば楽しいバイク。
それは分かってんだけど、今年の夏の異常な暑さは、僕にバイクに
乗ろうという気を起こさせなかった。
来シーズン、頑張ります!

プロフィール

ウクレレやってます。

kazu

Author:kazu
過疎ブログです。気が向いたら更新!

ホームページ

MY Ukulele紹介、 Ukuleleビルダーリンク集もあります。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ウクレレお勧め商品

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード